初めての家づくりで必ず役立つ!?知っておきたい注文住宅の雑学をご紹介!

このサイトでは初めての家づくりで役立つような、知っておきたい注文住宅の雑学をご紹介しています。
大体家なんて、どれも同じなんじゃないのと思う方もいるかもしれません。
しかし家に関することでまだまだ知られてないような事もたくさんあります。
知識として知っておくと、家を建てるときに取り入れる事も可能です。
こんな事もあったんだ、こんな事もできるんだと驚いたり新たな発見をしてもらえるような、情報をお届けします。

初めての家づくりで必ず役立つ!?知っておきたい注文住宅の雑学をご紹介!

注文住宅にはフルオーダー方式とセミオーダー方式の2種類のオーダー方法があります。
フルオーダーは外観や間取り、仕様などを一から自分で決められるため自由度が高くこだわりの家づくりが可能です。
こだわった分だけコストや時間がかかることも。
セミオーダーはある程度の仕様が決まっており、その他の部分を決めていくものです。
自由度は低くなるものの、あらかじめ決められている分コストが抑えられます。
自分たち家族に合った注文住宅のオーダー方法を選ぶと良いでしょう。

注文住宅の断熱性能を高めるなら壁や床より窓の断熱性能を高めるのがコツ

注文住宅の設計を検討するとき、生活の質を高めるためにいろいろな点に配慮する必要があります。
そのひとつが、断熱性能です。
住宅内部の気温や湿度は、外部の影響を強く受けます。
冬に暖かく、夏に涼しい環境を作るために断熱性能の高さが大切です。
注文住宅の場合、壁や床の内部に断熱材を入れるのが基本的な対策ですが、より重要とされているのが窓の断熱です。
窓のガラスを通じて熱が出入りするため、窓の面積が多い間取りほど外部の影響を受けてしまいます。
窓の面積を確保しつつ冷暖房の効率を高めるために、ガラスを二重にする対策法が定番です。
ガラスを重ねることで熱が通りにくくなり、明るさはそのままなので心配はありません。
このような対策を取り入れた注文住宅であれば、冬の寒さが厳しい環境でも快適に過ごせます。
詳しい対処法がわからなくても、住宅メーカーのスタッフが適切なアドバイスをくれるので安心です。
生活の質を向上させるため、性能を高めた家を設計してください。

注文住宅だからこそ設置したい太陽光発電は夏よりも5月の方が発電量が多い?

注文住宅だからこそ太陽光発電を設置したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
注文住宅はこのように自分の理想を実現するにはぴったりです。
この太陽光発電ですが、実は真夏よりも5月のほうが発電量は多いと言われています。
確かに真夏は暑く、いかにも太陽光が最も強烈に照りつけているように感じるかもしれませんが、落ち着いて考えれば、太陽の高さというか日中の時間帯は、日本では夏至を含む6月が最も長いはずです。
発電はあくまで日光によるものであって温度によるものではありません。
では6月が最も発電できるかというと、これもすぐに分かることですが日本の多くの地域では梅雨の時期に当たり、平均的な日射量は少ないのです。
5月と7月を比較しても5月のほうが発電量が多くなるのですが、この理由は実は気温であり、発電装置も電化製品ですので暑さに弱いというか、気温が高いと効率が落ちてしまうために真夏よりも5月や4月のほうが発電量が多くなっています。

最近の注文住宅で採用されることがあるIoTとは?

建売住宅と異なり、注文住宅では最新の設備を後から取り付けるのではなく、設計段階から組み込むことができます。
たとえば最近注目度の高い住宅性能であるIoTなども、注文住宅に取り入れれば住み始めると同時にその便利さが実感できます。
IoTはInternet of Thingの略語で、直訳すると「モノのインターネット」という意味です。
インターネットと言えば、パソコンや携帯電話などの情報処理端末を通信ネットワークで結び、さまざまなデータをやり取りするのが一般的ですが、そうした専用端末を介さずに電化製品などを直接ネットワークに接続するというのが基本的なコンセプトとなります。
この技術を住宅に適用した場合、たとえば出先からでも空調機器を操作したりできるため、帰宅時間に合わせて室内を快適な温度にしておくことが可能になります。
窓や玄関の施錠状況、照明の消し忘れの有無なども遠隔地からチェックできます。
さらに、調理や洗濯といった家事の自動化も実現可能です。

注文住宅の間取りを考えるときの二つの動線とは?

注文住宅を建てる際には、暮らしやすい動線を備えることが欠かせません。
日々の暮らしを支える動線には、大きく分けて2つの種類が存在します。
炊事や洗濯を行う家事とトイレを使う際の衛生です。
注文住宅を特集するサイトには、過去の施工事例を案内するものも多く見られます。
毎日の家事を快適なものへと変える間取りは勿論、デザイン面に優れたタイプに到るまで幅広く扱うのです。
ハウスメーカーの中には、社内にモデルルームを備えるところも見られます。
暮らしに必要な間取りの設計とは言っても、建築知識が疎いとイメージしにくいのも実状です。
実物を眺めていけば、どのような設計を施せば良いかは掴めていけるでしょう。
殆どの住宅メーカーでは、無料で受けられる事前カウンセリングが行われています。
比較サイトを見ながら、気に入った間取りを見つけた際には、気軽に相談に伺うのが良いものです。
長きに亘って暮らす以上、生活に関わる間取りは設計上での大切な要素となります。
注文住宅を建てる際には、家族が暮らしやすい設計を施すことが大切なのです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

このサイトでは初めての家づくりで役立つような、知っておきたい注文住宅の雑学をご紹介しています。大体家なんて、どれも同じなんじゃないのと思う方もいるかもしれません。しかし家に関することでまだまだ知られてないような事もたくさんあります。知識として知っておくと、家を建てるときに取り入れる事も可能です。こんな事もあったんだ、こんな事もできるんだと驚いたり新たな発見をしてもらえるような、情報をお届けします。

Search