注文住宅で考えたい自ら掃除をしてくれる壁とは?

注文住宅で考えたい自ら掃除をしてくれる壁とは?

注文住宅を建てる方は、こまかな部分まで指定をすることができ、理想的なマイホームにすることが行われています。
自由な間取りと居室の数、水回りのスペースの坪数や機材も自由自在に選定できますが、注文住宅で家を建築する際には内装だけではなく外装にもこだわりを持つことは後にメリットに感じることができます。
現状としてはサイディングを用いる住宅が圧倒的に多いのですが、外壁の場合は自ら掃除をする機能性を持たせた素材もあり、外壁の汚れや劣化を遅らせることを可能にします。
実際には外壁材そのものではなく、塗料に起因する内容になりますが一般的なウレタン塗料やフッ素塗料などとは異なり、光触媒塗料を用いる方法が該当しています。
この塗料は外壁に付着してしまう汚れを太陽光を浴びることで外壁から浮き上がらせることができ、雨降りの日には浮き上がった汚れを雨と一緒に流すことができる特殊機能があります。
光触媒に関しては注文住宅を建てる際に塗装のし直しをする他に、数年後にリフォームで光職場を選んで塗装リフォームを行う方法でも対応できます。

注文住宅で屋根瓦工法だとどのくらいの費用が必要?

注文住宅は自分たちの好きなデザインや形で設計・建築できますので住みやすい家を作り上げることが出来ます。
しかしその一方で注文住宅の建築費用はかなり必要になるというのも事実です。
建売住宅よりも1・2倍から1・5倍ほど高いという統計もあります。
では、実際のところどのくらいの費用が必要なのでしょうか?家の大きさや使用する屋根瓦の数や材質などによって費用は大きく異なりますが、和モダンの25坪程度の平屋ですと2000万から2500万円ほどで建てることが出来ます。
部分二階建てにするとその分使用する屋根瓦の枚数が多くなりますし、そうすると材料や人件費も発生しますので3000万円から4000万円ほどはかかってしまうことがあります。
瓦を用いた注文住宅にかかる費用は高くなってしまいますが、日本の風土や気候と瓦はとてもよく合いますのでぜひコストを抑えつつも、ご自分とご家族の夢を実現するように良い計画を立てましょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

このサイトでは初めての家づくりで役立つような、知っておきたい注文住宅の雑学をご紹介しています。大体家なんて、どれも同じなんじゃないのと思う方もいるかもしれません。しかし家に関することでまだまだ知られてないような事もたくさんあります。知識として知っておくと、家を建てるときに取り入れる事も可能です。こんな事もあったんだ、こんな事もできるんだと驚いたり新たな発見をしてもらえるような、情報をお届けします。

Search